手相(結婚線)で結婚する年齢がわかる?位置から判断する私の婚期!

結婚式で愛を誓うカップル

結婚線の位置で結婚する年齢を判断できるといわれておりますが
いったいどのような位置で何歳なのでしょうか。

具体的に色々と説明していきたいと思います。

手相(結婚線)で結婚する年齢を判断

結婚線から結婚する年齢

結婚線は感情線から小指の付け根の間にあわわれる線で
その数が結婚のチャンスと一般的に言われております。

そしてその最も太くて長い線が結婚の最大のチャンスなのですが
位置によって結婚年齢を判断する事ができるのです!

女性の手相の場合の結婚線で結婚年齢を判断

基本的に感情線と小指のちょうど真ん中が平均結婚年齢と言われていて
真ん中に結婚線があるようでしたら、女性ならおおよそ29から30歳で結婚のチャンスがあるとされています。

真ん中よりも感情線側に結婚線があるようでしたら28歳以下、
真ん中より小指側に結婚線があるようでしたら31歳以上となり

感情線に近いほど20歳というように早婚、
小指に近いほど40歳といったように晩婚の相となっております。

男性の手相の場合の結婚線で結婚年齢を判断

男性の場合も基本的に女性と同じで
感情線と小指のちょうど真ん中が平均結婚年齢になります。

ただし、女性に比べて多少男性の方が年齢は上がることになり
感情線と小指の付け根の真ん中に結婚線がある場合は
31歳から32歳で結婚のチャンスが訪れると言われております。

手相(結婚線)で結婚する年齢がわかるのまとめ

いかがでしたか。結婚線の位置によって結婚のチャンスの時期がわかるのです!
このチャンスを逃さずに是非結婚にたどり着いてくださいね!